家を売る:共有の場合

家を売る場合にその家が共有財産の場合には家の所有者それぞれが特別控除の対象になります。例えば夫婦で家を共有している場合には、最大で6000万円の控除を受けることが可能です。
家の模型とボールペンと電卓しかしながら、個人で控除を受けることが出来る最大の額は3000万円ですので、夫が家を売ることによって得た利益が5000万円で、妻の方が1000万円の利益であっても、夫がうけられる控除額は3000万円までとなっていますので、夫婦合わせて4000万円の控除になります(トータルで6000万円の控除にはなりません)。
節税のことを考えるのであれば、夫婦で同じ割合で家を共有している形にしておく方がお得といえます。

一方で、家を所有しておらず、家が建っている土地のみを所有する人が、控除対象となる家の所有者と生計を同じくしている同居の家族である場合に、家と一緒に土地も売却した場合には、家の売却によって控除することが出来なかった分(残額)に対して控除が適用されることになります。実際にどのような控除を受けることが出来るのかについては、家の売却を行う前に税法の専門家に遠慮なく何でも問い合わせをしておくと良いでしょう。賢い節税のアイデアを提案してもらえるようになるかもしれません。

家を売る:特別控除

自分の家を売るときにそれによって利益が出た場合には、税金を支払う必要が出て来ますが、一方である一定の条件を満たすことによって最高で3000万円までの控除を受けることが可能になります。このような制度を特別控除と呼んでいます。ではどのような条件を満たすことが控除を受けるためには必要になるのでしょうか?

一番重要なことは売却された方がその家に居住していたことが必要になります。居住していた期間に規則はありませんが、たとえば一時的に仮住まいをしたということでは特別控除の対象にはなりませんので注意が必要です。また、特別控除を受けるために居住したと考えられる場合にも適用にはなりません。更には、お店や事務所と併用している住居の場合には居住のために用いている部分のみが控除の対象になります。居住部分が9割以上の場合には、仮にお店や事務所があったとしても、全ての部分が控除の対象になってきます。

街また、家を売った後はどのような目的に使っても控除を受けることができます。
また、3000万円に満たない場合には譲渡金額のみが控除の対象になります。
単身赴任などで、家の所有者がほかの家に住んでいる場合も、控除を受けることが可能です。
一方で、敷地の一部のみを売却した場合には、控除の対象になりませんが、離婚などの財産分与の場合には、控除の対象になります
控除を受けるにはほかの税制面での特例を受けていないことも必要になりますので自分にとって一番恩恵のある控除をチョイスする必要があります。


関連記事