家を売る:確定申告

家を売る場合に3000万円の特別控除の適用になるためには確定申告をしておく必要があります。家を売った翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を忘れずに行わないと3000万円の特別控除を受けることが出来なくなってしまいますので注意が必要です。

確定申告を行う際には以下の書類を添付する必要が出て来ますので、忘れずに用意しておくことが肝要です。

  • 家を売ることによって得た所得の内訳(土地、建物両方が必要です)
  • 住民票のコピー(家を売った後2カ月が経過したのちに交付を受けたものが必要です)
  • 住民票の提出が難しい場合には戸籍のコピーで代用することができます4:売った家に以前住んでいたことを証明できるもの(郵便物、公共料金の領収書)

家を売った場合の収益は非常に大きなものです。それに対しての税金も当然大きなものになりますので、3000万円までの控除が受けられるかどうかは非常に重要なポイントになってきます。ですから、忘れずに期日までに確定申告を行うことが必要になります。また確定申告の方法についてわからない点がある場合には税理士などの専門家に相談するのがお勧めです。間違いのない手続きを行うことが肝要です。


関連外部リンク